iphone修理の非正規店のメリット

iphone修理をする時に正規店に依頼をする事もあれば、近くの店舗である非正規店を利用することもありますが、どんな違いとメリットがあるのでしょうか。

非正規店の一番の違いとなっているのが、純正品を修理として全て使うのではなく、純正ではない部品を利用することがある点です。
そのため安い部品を使うこともできますので、大幅に安く修理することが可能となっています。

気になる修理技術の方ですが、それぞれの店舗により差はありまして、正規の店舗ではありませんから修理マニュアルがありません。
実績と経験により技術の差が生まれやすく、品質を重視したい場合は修理実績を見て選ばなければならないでしょう。
しかし、出来上がりの差は技術力によって生まれますが、作業する内容自体はどこもあまり変わりありません。

非正規店を選ぶ一番のメリットは金額の問題よりも修理時間や待ち時間になります。
正規店に依頼すると予約の状況によっては待ち時間がすごく長くかかる場合もありますが、非正規店は待ち時間が短くて場合により即日対応してくれます。
それにデータを消さなくてiphone修理をしてくれる場合がありますから、どうしてもデータを残しておきたい時に相談すると良いでしょう。

基本的にリセットせずに問題になっている箇所を修理することになっていますのでデータ初期化の心配がそれほどありません。
正規の場合だと、問題の部分だけではなく全体的な不具合も確認するため初期化をしますから中身のデータが消えてしまうのです。

料金の方は店舗により変わっており、少し安いぐらいがほとんどですが、事前に料金を提示してくれるので安心して頼めます。
正確な料金が分からない状態で頼むと、いくら用意しなければならないか迷ってしまいますし、場合によっては依頼しないこともありますので事前に料金を知ることができるのは嬉しいでしょう。

修理することによってメーカー保証が外れてしまう可能性があるデメリットもあれますが、メリットも多数あります。
iphone修理は京都のismile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です