iphone修理をメーカーとそれ以外の業者に任せることの違い

iphoneユーザーにとって悩みの種であるのが、精密機器であるがゆえにいきなり動かなくなったり、落として画面が割れてしまったりと故障に見舞われることです。そこでiphone修理を依頼するわけですが、選択肢としてはメーカーとそれ以外の業者ということになります。メーカーであれば配送かアップルストアに持ち込んで修理を依頼すると、保証の有効期限内であれば格安で修理を受けられることです。有料のオプションに加入していれば、通常の保証では対象外となる事故や過失での故障にもやすくなります。ただし、故障の内容によっては、新しい端末か修理済製品といって返品あるいは初期不良で戻ってきたものを整備して新品同様にした端末との交換となります。その際にはデータ移行を行わないので、これまでに保存してきた写真や動画、アドレス帳などは失われてしまいます。メーカーだからこその万全な体制でphone修理を修理してくれるので安心ですが、保証期間外であったときには高い修理費用が必要になります。データが失われる可能性も含めて、メリットもあればデメリットもあります。

メーカー以外であれば、iphone修理に対応している修理業者に任せることになります。メーカーではないので中古のiphoneから使える部品を取ったり、純正品以外も使用することでメーカーと比べて格安で修理をすることが多いです。ただ、業者によっては出鱈目な修理をして問題のない部分を壊したり、追加費用で高額な料金を請求するということあります。あくまでも品質を重視するのであれば、Appleに認定を受けた正規店と非正規店を見分けられるようにしたほうが良いです。正規店であれば、認定資格を持ったスタッフがアップロと同じように修理をしています。使用する機器及び修理部品はメーカーの純正品ですから品質は確かです。その分、メーカーと同じく高めに設定されています。メーカー以外の業者ならば、料金と品質のどちらを重視するかをよく考えなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です